万が一の場合に備えて用意しよう

家庭で準備しておける防災グッズ

>

安全に避難できるように

子供でも使用できる懐中電灯

ロウソクは、ヤケドをしたり火事になったりする危険性があるのでおすすめできません。
災害時に明かりを確保するなら、懐中電灯を用意してください。
それなら子供でも使用できます。
懐中電灯を使う際は、電池がなければいきません。
災害用持ち出し袋に入れるのは良いですが、電池が切れていないか常に確認してください。

使っていない時でも、懐中電灯の中に電池を入れると消耗してしまいます。
使無駄に電池を使わないため、使わない時は電池を外しておきましょう。
長い時間懐中電灯を使っても良いように、電池のストックも災害用持ち出し袋に入れましょう。
ラジオを聞くために、電池が必要になるかもしれません。
災害時は、電池を使う場面が多いです。

手動で充電するタイプ

電池を使わなくても良い、懐中電灯も販売されています。
それはハンドルがついていて、回すことで充電できます。
電池がなくて停電にいなっている時でも使えるので、そのような懐中電灯を選択しても良いですね。
最近は、スマホの充電もハンドルを回すことでできる道具が登場しています。
ラジオを持っていない人は、スマホを使って情報収集をしなければいけません。


また他の地域に住んでいる知り合いが無事か、確認もしたいでしょう。
スマホを使える状態にするため、どこでも充電できる道具を用意するのがおすすめです。
知り合いが無事かわからないと、精神的な負担になってしまいます。
ゆっくり身体も休められないでしょうから、早く安否確認をしてください。


この記事をシェアする