万が一の場合に備えて用意しよう

家庭で準備しておける防災グッズ

>

いつ訪れるかわからない災害

賞味期限の長い食料が必要

非常食は、賞味期限の長いものがおすすめです。
乾パンやビスケットは、賞味期限の長い製品が多いので適しているでしょう。
またレトルト食品を、災害用持ち出し袋に入れるのも良いですね。
最近のレトルト食品はおいしいものが多いので、災害時も空腹を満たすことができます。
しかしレトルト食品は、温めなければ食べられない製品もあるので気をつけてください。

災害が起こった時は、電気もガスも止まることがあります。
その際に、レトルト食品を温めることなんてできないでしょう。
災害用の蓄えとしてレトルト食品を購入する時は、温めなくても食べられる製品を選択してください。
パッケージに、食べ方が記載されているので絶対に確認しましょう。

3リットルほどの水があれば良い

3日分の食料があれば、とりあえず安心できると言われます。
水は1日1リットル必要なので、合計で1人3リットルの用意をしてください。
ペットボトルに直接水をつけたくない人は、紙コップを持参すると良いでしょう。
それなら使わなくなったら捨てれば良いだけなので、洗う手間を削減できます。
水道が使えない状態になることを踏まえて、余計な洗い物は減らしてください。

食事をする時も、なるべくお皿を使わないように工夫しましょう。
お皿どうしてもお皿を使わなければいけない時は、ラップを巻いてその上に食量を置いてください。
汚れても、ラップを外せば綺麗な状態になります。
蓋を開けるだけで食べられるレトルト食品は、お皿がいらないので災害時におすすめです。


この記事をシェアする