万が一の場合に備えて用意しよう

家庭で準備しておける防災グッズ

いつでも用を足せるように

意外に忘れやすい部分ですが、簡易トイレの準備も必要です。 避難所のトイレが、常に使える状態だとは限りません。 自分が使いたい時に使えないと困るので、簡易トイレで用を足しましょう。 年齢に合わせて複数のサイズがあるので、必要なものを購入してください。

安全に避難できるように

懐中電灯があれば、暗闇でも安全に避難できます。 足元に何があるかわからないので、災害暗闇で避難するのは危険です。 懐中電灯も、必ず用意しておきましょう。 懐中電灯の電池が切れても良いように、ストックも忘れずに準備してください。 また、最近は手動で充電する懐中電灯も人気です。

生き延びることができるように

急に災害は、訪れるものです。
その時に慌てて準備をしても、忘れ物があるかもしれません。
災害グッズを用意しているうちに、逃げ遅れてしまうこともあります。
前もって用意しておきましょう。
食料と、水の確保は絶対に必要です。
大体、3日分の蓄えがあれば生き延びることができるでしょう。
賞味期限の長い乾パンや、レトルト食品を活用してください。
災害の影響で水が止まってしまうことが考えられるので、ミネラルウォーターも必ず持って避難しましょう。

簡易トイレもあった方が良いです。
避難所に行けばトイレが使えるかもしれませんが、たくさんの人が集まっています。
いつもトイレに長蛇の列ができていて、自分が使用したい時にすぐ使えないかもしれません。
また水道が止まって、トイレが封鎖される可能性もあります。
簡易トイレがあれば。好きなタイミングで用を足せるので安心ですね。
用を足したら、砂が固まるタイプだと捨てるのが楽です。
また抗菌作用のある砂を、活用しましょう。

懐中電灯があれば、明かりを確保できます。
避難する時に真っ暗だったら危険ですし、不安になると思います。
明かりがあるだけで安心できるので、懐中電灯を持って避難しましょう。
ロウソクでは、倒れた時に火事になって二次被害を起こす危険があります。
避難する際は安全な、懐中電灯を使ってください。
懐中電灯は電池で動く製品が多いです。
電池が途中で切れても良いように、ストックを用意しましょう。

いつ訪れるかわからない災害

避難所に行っても、食べるものが何もないと餓死してしまいます。 食料の供給があるかわからないので、自分たちで持って行った方が良いですね。 乾パンやレトルト食品を持っていけば、どんな時でも食べることができます。 もちろん、水の用意も忘れてはいけません。